税金に関する情報が満載!

賢く税金を納める

税理士の仕事内容について

税理士は、納税者からの依頼を受けて納税にかかわる書類作成や申告の代理などをおこなう税の専門家になります。
税金に関する相談業務なども仕事のひとつになります。
税理士になるには試験に合格する必要があり、税務に関した実務経験を2年以上携わる必要があります。
企業や会社などの経営者の立場になって的確なアドバイスをおこない経営のサポートなどもおこないます。
仕事内容は税務代理・税務書類の作成・会計業務などを主におこないます。
税務代理とは確定申告・青色申告の申請や税務調査の立会・申し立てなどをおこないます。
税務書類の作成とは確定申告書・青色申告書などを代理で作成します。
会計業務は財務書類の作成や会計帳簿の記載などをおこないます。
税の申告は個人事業主などにとっては大変な作業になるので、税のプロフェッショナルの税理士に代理で書類の作成や申告依頼することが多いです。
確定申告関係だけではなくて、不動産などを相続して発生する相続税などの税務書類や税務調査に立ち会ったりすることもあります。

税理士の選択は慎重に

税理士は、各種税金はもちろん法律関係にも詳しいので、事務所や店舗などを経営している場合には、とても頼りになる存在です。
税金の申告をする時期には、さまざまな書類を税務署に提出しますが、代わりに作成してもらうこともできますし、有益なアドバイスを受けることも可能です。
公正に経営するためには、税理士の協力が欠かせませんが、どのように選択すれば良いのか分からないケースも見受けられます。
そのような時は、インターネットを活用して、税理士事務所のホームページを検索することが大切です。
まず、自宅もしくやオフィスから近い事務所がおすすめです。
もしくは、通いやすい立地条件ならば負担になりませんので、各事務所の所在地や最寄り駅は必ずチェックするようにしましょう。
また、信頼できるかどうか、慎重に選択すべきですから、これまでのプロフィールや実績を確認することはとても重要です。
インターネット上の口コミや体験談も参考になります。

check

Last update:2017/3/2

トップへ