税金に関する情報が満載!

賢く税金を納める

相続税の節約をする方法

相続税を節約する方法として、よいのが実はマンション経営なのです。
それはまず、マンションになった段階で、かなりの価値が下がるからです。
つまりは、額面価格としての価値が非常に下がってしまうのです。
これは相続するものとしてはよいことであり、つまりは、課税される金額が少なくなるのです。
また、賃貸のための不動産というのは、評価の仕方が普通の不動産とは違って、少し低くなります。
そうした点からでもお勧めできるので、現金で相続するよりも遥かにお得なのです。
それに所得税としてもかなりメリットがあるのが、マンション経営であり、収支がプラスになるまでは、サラリーマンの場合は給与所得からその分を控除することができます。
ですから、サラリーマンであってもとてもお勧めできるのがマンション経営なのです。
相続をさせるのに現金ではなく不動産を選ぶ、というのはかなりメリットがあることですから、よく覚えておいて実行したほうが良いです。

大幅な変更が決められている相続税への初めの一歩

ここ数年で急激に注目されるようになって来たのが相続税です。
これは今までは、税金の基礎となる控除額が非常に大きかったのですが、その控除が大幅の圧縮となったという事です。
実際には5000万円+1000万円×法定相続人の数となっていた控除額が、3000万円+600万円×法定相続人の数となりますので、その控除額の大幅な引き下げは十分に理解できます。
そしてこの控除額の引き下げによって、実際の影響はどれぐらいあるのかと考えた時には、想定では今までの倍の人達が相続税に関して、何らかの関わり合いを持つことになるとも言われています。
特に都心部での影響は大きく、住んでいる自宅の評価額が大きくなる傾向にあるために、今までは無縁でいられた家庭であっても相続税を納税する必要が出て来ることが強く予想されています。
そのためには、まず初めに現状を知るため、早い時期から資産の確定や、実際に発生する相続に合わせた対策などを考えなくてはいけないという状況になって来ています。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/4/28

トップへ