税金に関する情報が満載!

賢く税金を納める

税金を滞納してもいいことはない

一年間でいくらの所得があるかによって納める金額が決まる所得税を始め、相続税や固定資産税など色々な税の種類があります。
この税を滞納してしまうと一体どういうことになってしまうのでしょうか。
税務署に家宅捜索をされた上に差し押さえをされることも十分考えられるので、必ず支払期日までにお金を納めましょう。
支払期日を過ぎてしまう事で滞納金や悪質な場合はさらに大きな罰則が待っているのでごまかすことは御法度です。
しかし、税金を少なくする方法で脱税と似ても似つかないものとして節税があります。
同じように納める金額が少なくなるにしても理由がある申告があれば、少なく納めることも許されるのです。
自営業であれば必要経費を計算して提出することになりますが、これらのことをきちんと行っていれば、思わぬところで税が安くなることも十分考えられるのです。
日本の法律上知らない人は損をするだけという税の仕組みになりつつあるので、きちんと税金の仕組みを考えながら申告をすれば、税金が少なくなるどころか還付金まで期待出来てしまうのです。
しかし、この申告を怠ったり知らないまま放置をすれば国のものになってしまうので、手続きの仕方など各々勉強する必要があるのです。

税金の概念として節税と脱税は大きく違います

税金には大きく分けて地方税と国税があり、地方税は固定資産税や住民税、自動車税その他で、国税は消費税、所得税、法人税、相続税等の直接税とたばこ税やガソリン税、自動車重量税、酒税などの間接税とがあります。
税金の概念は、国民が国で暮らしていくためのに必要となる、国民としての義務であり、税金により国家の運営が行われるため、非常に大切なものであることは間違いないです。
納税が義務とはなるが、適正な税負担となるため、様々な控除制度もあり、保険控除や扶養控除、配偶者控除、基礎控除、などがあり、控除の申請を行えば、税負担の軽減が行われ、上手くこれを利用することで、節税が可能となります。
節税は本来払うべく税い金から控除を受け、税負担を軽くするもので、支払わなくても良い税額ということではありません。
よく、節税の概念として税を節約するという考えをもつ人がおられますが、正しい納税を行う側面として様々な控除適用がされるもので、支払った、もしくは、支払うべく税額から還付がれ受けられる制度として、その言葉が存在します。
本来支払わなければいけない税負担を免れる脱税とは全く違う概念として節税が存在しますが、この言葉の意味を混同している人もおられるようです。

pickup

クオリティの高いサッカーのレプリカユニ。

サッカーユニフォーム レプリカ

業界でも経験豊富・信頼のある専門医が親切丁寧にご相談に乗り、解決致します。

包茎手術を新宿で受ける

ショッピング枠で現金化する際にオススメの業者。

ショッピング枠 現金化

2018/5/21 更新

トップへ